自毛植毛と増毛のメリットとデメリットについて

あまり薄毛治療に興味や関心がない人にとって、自毛植毛と増毛との違いがはっきりしない人もいるのではないでしょうか。
そこで、それぞれの特徴やメリットやデメリットなどについて考えてみましょう。


まず、自毛植毛というのは後頭部や側頭部などから自分の健康な髪の毛を採取した後に薄毛が進行している頭頂部や前頭部などにその採取した髪の毛を移植していく方法です。
メリットは、メンテナンスの必要がないことと一度発毛してくればその後は自分の髪の毛としてヘアサイクルを繰り返しながら生えていくこと、副作用などの体への負担が少ないことです。デメリットとしては、薄毛の状態が深刻であればあるほど手術費用が高額になってしまい、場合によっては100万単位でかかることがあるということです。

また、自毛植毛を行ってもすぐに髪の毛が生えてくるわけではないので即効性を期待することは難しいということです。一方、増毛はどんなものなのかというと自分の髪の毛に化学合成繊維でできた人工網を結び付けたり、人工毛が移植されているシートを直接頭皮に接着することで髪の毛のボリュームを増やす方法です。



メリットは、髪のボリュームをすぐに増やした場合には速攻で増やすことができること、かつらやウィッグのように被っているわけではないので外れる心配がありません。

信頼性の高いlivedoorニュースの情報が豊富です。

デメリットとしては、自分の髪の毛が生えてくるわけではないということと、定期的なメンテナンスが必要になるということです。このように、自毛植毛と増毛にはそれぞれメリットデメリットが存在しますので、自分の頭皮にはどんな方法が適しているかよく考えた上で決めるのが望ましいでしょう。