自毛植毛後は安静に過ごした方が良いのか

自毛植毛の手術を行う当日は休めたとしても、その後長い期間休暇を取ることができる人というのは少ないかと思われます。
自毛植毛後は、移植したドナー採取が頭皮に定着するまで安静にしている必要がありますが、毎日仕事がある社会人はそんな長く休むことはできず、それが難しくて自毛植毛を受けることを躊躇している人もいるのではないでしょうか。



また、術後は安静にしていなければ手術に失敗するのではないか、術後の過ごし方に問題があって髪の毛が生えてこなくなるのではないかと不安の思われる人もいるかもしれません。



確かに、重いものを運んだり汗をたくさんかくほど肉体労働をする場合には、血行が良くなりすぎることで術後の傷口が開いたり、汗をかいて不衛生になることも考えられるのであまりよくないと言えます。

ただ、デスクワークなどの体を動かすことが少ない仕事であれば、術後の翌日からでも始めることができると言えます。

手術当日と、その翌日浜で頭に包帯を巻いていることと翌日に手術を受けた医療機関で術後の経過を見てもらうこともありますので仕事を休んだ方が良いと言えますが、包帯が取れてしまえばニット帽やふりかけと呼ばれるケラチンファイバーなどを使用して薄毛をカモフラージュすれば普通の仕事ができると言えます。

朝日新聞デジタルが評判になっています。

しかし、だからと言って無理は禁物ですので喫煙やアルコールの摂取など体に良くないことはなるべく避けるようにして、通常の時よりは安静に過ごすのが望ましいと言えるでしょう。