女性でも自毛植毛ができる場合とできない場合

category01

自毛植毛と言えば、自分の健康な髪の毛を後頭部や側頭部などがから採取してそれを薄毛が進行している部位に移植していく方法ですが、女性であっても治療が受けられるかどうかは非常に気になるところと言えます。

結論から言うと、女性であっても治療自体は受けられるとされていますが、場合によってはできない場合もあるとされていますので、治療が可能な場合とそうでない場合の違いについて考えてみましょう。

では、どんな薄毛の状態であれば植毛が可能なのかというと、生まれつきおでこが広いことに悩んでいるという人は自毛植毛を受けて改善することができると言えます。



おでこ全体、あるいは生え際が通常よりも後ろ側に後退している場合には、ヘアスタイルを思う存分楽しめなかったり顔が大きく見えてしまい事にコンプレックスを抱いている人も少なくありません。

BIGLOBEニュースを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

植毛によって必要な個所に移植をすることによっておでこが広いのを改善できると言えます。

逆に自毛植毛が向いてない場合の薄毛とはどんなものなのでしょうか。女性の薄毛は男性の薄毛と違うとされており、男性の薄毛が頭頂部や前頭部が部分的に徐々に薄くなるのに対して女性の場合は全体的に薄くなるびまん性脱毛症という症状になることがあります。



この場合、部分的に移植すれば薄毛を改善できるわけではなく、全体的に植毛をしていかなければ意味がないため、薄毛改善法として自毛植毛を選択されないことが多いのです。このように、女性の場合自毛植毛が適しているのかいないのか脱毛の症状によって異なるとされていますので、もしそういった症状で悩んでいる場合には十分に検討したり無料カウンセリングなどで相談してから治療を受けるのが望ましいと言えるでしょう。

納得の情報

category02

あまり薄毛治療に興味や関心がない人にとって、自毛植毛と増毛との違いがはっきりしない人もいるのではないでしょうか。そこで、それぞれの特徴やメリットやデメリットなどについて考えてみましょう。...

subpage

医療の話

category02

男性型脱毛症のAGAでは、多くの男性が悩んでいます。AGAは早期治療がとても大切で、少しでも早い方が改善効果が期待できます。...

subpage

みんなの常識

category03

自毛植毛の手術を行う当日は休めたとしても、その後長い期間休暇を取ることができる人というのは少ないかと思われます。自毛植毛後は、移植したドナー採取が頭皮に定着するまで安静にしている必要がありますが、毎日仕事がある社会人はそんな長く休むことはできず、それが難しくて自毛植毛を受けることを躊躇している人もいるのではないでしょうか。...

subpage

サポート情報

category04

最近では薄毛に悩む方が多い傾向です。親が薄毛なら子も薄毛といった遺伝的要因は考えられますが、仕事や人間関係によるストレスで薄毛になる方もかなりいます。...

subpage