確実な薄毛改善には自毛植毛

男性型脱毛症のAGAでは、多くの男性が悩んでいます。


AGAは早期治療がとても大切で、少しでも早い方が改善効果が期待できます。



育毛剤はどんどん進化してきていますが、即効性はなく時間の節約には自毛植毛がおすすめです。
AGAの薄毛の特徴は生え際、頭頂部、つむじなどの強力な男性ホルモンが、毛包にある5α-リダクターゼと結びつくことで発症します。自毛植毛は5α-リダクターゼの存在しない後頭部、側頭部の毛を毛包ごと採取して植えつけることで、自分自身の新しい毛が育っていく仕組みになっています。これらの毛包には5α-リダクターゼがないため一度生着してしまうと、男性ホルモンの影響を受けることなく半永久的に薄毛から解放されます。


自分の毛髪を植えつけるため人工毛と違って拒絶反応がなく、定着率が非常に高くなっています。

自毛植毛は髪の毛質やふえ方が自然で、なにしろメンテナンスの必要がありません。



後頭部の採取した部分からは毛が生えてこなくなりますが、後頭部の毛髪は密度の高い部分のため見た目から影響はほとんどありません。

BIGLOBEニュースの情報はココで集まります。

さらに最新の自毛植毛は進化して頭皮を切開することなく吸引パウチで毛包単位でくり抜くように採取するため頭皮の負担が格段と少なくなっています。

さらにパウチの方法は採取して新鮮なうちにすぐ植えつけるため、ぐっと生着率が高くなっています。一番の魅力は他の植毛方法と比較して、確実に自分の原をとり戻すとができる点にあります。
日本でも欧米並みにさかんになってきています。